FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GHOST GIMMICK / 五百香ノエル

Ghost gimmick
五百香 ノエル著
新書館 (2003.12)
通常2-3日以内に発送します。



主人公のレヴィアタンは、田舎から都会の国立大学に進学したが、やはり貧乏で困っていると、友達から女装クラブのホステスのバイトをしないか?と持ちかけられる。
最初は嫌がっていたが、初めて女装をするとその鏡に映った美少女に惚れ惚れし、以来女装が大好きになる。
ある日、客として現れたコンスタンに一目惚れし、コンスタンもレヴィアタンに一目惚れ。
出会ったその日に身体をつなげてしまうが、翌朝酔いのさめたコンスタンはレヴィアタンが男だと知り(コンスタンはレヴィアタンが働いていた店が女装したホステスがもてなすクラブだとわからなかった)ひどい言葉を投げつけ、去ってしまう。
なき濡れるレヴィアタンだが、身体をつなげる前にコンスタンが「何者かに命を狙われている…」ともらしていたことを思い出し、好きな人を守るために、女装しコンスタンの屋敷へメイドとして潜入する。

というお話。
舞台は「惑星国家マリオン・キングダム」の首都「マリオーネ」という架空の場所。
しかしSF!!といった、たとえば惑星間を移動するスペースシャトルとか、宙を浮いて走る車とか、そんなものは出てこず、建物とかの描写でシャーロックホームズが出てきそうなイギリスを連想させます。
で、内容はゴシックホラーと銘打たれているように、事件の裏にあるのは必ず幽霊。
主人公は自ら進んで、または依頼されて、その幽霊騒動を解決します。
主人公とそのお相手の出会い編「GHOST GIMMICK」では、コンスタンが酔ってレヴィアタンに甘い言葉を投げかけるシーンしか甘々描写はないのですが(それ以外は、レヴィアタンをとても邪険に扱っている)、その続編の「幽霊病棟編」では、もう脇目も振らずイチャイチャしているカップルになっています。
特に、出会い編でレヴィアタンを邪険にしまくっていたコンスタンはもう、この幽霊病棟編では、レヴィアタンにメロメロ。
人手不足で再びレヴィアタンがクラブで働くことになったときのコンスタンの言葉が、
「君がここで働いている間、僕は君を指名し続けるしかない、 君を誰にも触らせたくないし、誰かの目に触れさせるのもイヤだからね」
で、更に、
「わかってくれよ、レヴィアタン、僕は君に夢中なんだ」
ときたもんだ!!(笑)
どうしたの、このメロメロっぷり!!?と、受けを愛しまくる攻めが大好きなわたしはニヤニヤしながら読んでおりました。
ちなみに、「幽霊病棟編」ではレヴィアタンのゴシックナースコスが見れます。

五百香ノエルさんの本は初めて読んだのですが、なんていうか…読みにくいというか、目がすべるような文章を書くカンジがしました。
しかし、女装受けはとても萌えた…。
コンスタンのレヴィアタンへのメロメロっぷりも萌えた。
話は…ライトミステリというか、軽い感じで、トリックとか犯人とかなにも考えずに読めます。
主人公が犯人を突き止める、というよりも、事件に巻き込まれ、結果犯人がわかっちゃう系(笑)
続編読みたいなぁ、と思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
BL×B.L. People

BL×B.L.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター
skの最近読んだ本
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
プロフィール

sk

Author:sk
BL大好きヲタクです。BLも大好きですが、韓国アイドルも大好き!!
mixiでは「melanin」というIDでミクっておりますので、気が向いたらぜひマイミク登録よろしこ。
読み終わった本など、yahooオークションでお譲りしてますので、気になる本がありましたらチェックしてみてください。
yahooオークションブースはこちらです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。